遠視についてよく理解をするためのサイト

遠視についてよく理解をすることから始めよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

当サイトでは、遠視の子供を持つ親御さん、遠視で悩まれている成人の方の役に立つ情報を掲載しています。また、遠視についてよりよく理解をしてもらうために、極力専門用語は利用していません。

近視に比べると少ない遠視ですが、実は遠視の方が近視よりも厄介だと言われています。その理由は、我々日本人が社会生活を送る上で、遠くを見ることよりも近くを見ることの方が多いからです。学校で教科書を読んだり、仕事でパソコン画面を見たり、本や雑誌を読んだりなど、近くがよく見えないということは、遠くがよく見えないということよりも不便を感じることが多いのです。

遠視における勘違い


遠視は「遠くはよく見えるけど、近くはよく見えない症状」である、と思われている方が大半ではないでしょうか。ただ、厳密に言えばこれは間違いです。本来の遠視とは、「近くも遠くもよく見えない」症状のことを指します。

ではなぜ、「遠視は遠くはよく見える」という誤解が生まれたのでしょうか?それは、子供の遠視は目の調整力(見えないものを見ようとする力)が働くため、遠くをよく見渡すことができるからです。しかし、この調整力は年齢とともに衰えていきます。大人になっても遠視の症状が残る場合は、ほぼ100%の確率で近くも遠くもよく見えなくなります。

スポンサーリンク


ただ、子供の頃に遠視でも、大人になる頃には遠視が治ってしまうケースは非常に多いです。遠視の原因は、一言でいえば屈折異常(ピントが網膜よりも後ろで合ってしまう)ですが、眼球の成長とともにピントが正常な位置で合うようになるからです。

遠視であることの問題点


物がよく見えない、というのも遠視の問題点の一つですが、遠視だと集中力が落ちるというのもまた事実です。近くのものを無理やり見ようとするために目の調整力を働かせるという行為は、想像以上にストレスが溜まる原因になります。

子供であれば学業不振につながったり、大人であれば仕事の効率が落ちることは否めません。ある研究機関が行った調査によると、落ち着のない子のほとんどが、遠視であったというデータがあります。快適な日常生活を送るためにも、早いタイミングで遠視の対策をする必要があるのです。

遠視の悪化を防ぐことは可能


遠視の悪化を防ぐための最善の策は、遠視だと気づいた時に早めに眼鏡やコンタクトで矯正をすることです。遠視であるということは、想像以上に目に負担がかかっている状態です。目に負担がかかればかかるほど、まずますピントが合わなくなり、遠視の症状は進行してしまうのです。

特に子供の遠視は注意が必要です。適切な処置がなされなかったことが原因で、遠視性弱視(ほぼ見えない状態)に発展してしまうこともあるからです。大人になってから遠視の症状が現れてきた場合でも、眼精疲労や老眼を早める原因になりますので、やはり早めの矯正が必要となってきます。

尚、大人の遠視はレーシックで矯正が可能です。20歳までは眼球が成長するため、20歳未満だとレーシックを受けることはできません。

レーシックまるわかりも参照のこと

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加