遠視用のコンタクトレンズについて

遠視用のコンタクトレンズはあるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

遠視用コンタクトレンズはあります。そして需要も大きいです。なぜなら、遠視の人は眼鏡をかけたがらないからです。遠視の人が眼鏡をかけたがらないのは「目が大きく見える」というのが原因です。

遠視用の眼鏡をかけると、まるで虫眼鏡をかけたように、目が拡大されてしまうということです。(虫眼鏡と同じ凹レンズのため)また、オシャレを楽しみたい女性のために、遠視用コンタクトレンズでもカラーコンタクトレンズが販売されています。普通のカラーコンタクトよりも値段は少し高くなりますが、色や装飾のバリエーションも十分にあります。

遠視用コンタクトレンズで見える仕組み


遠視は「眼球が小さいこと」が原因で起こります。しかし、眼球が小さいままでも、要は「小さい眼球でもうまく像を結ぶ」ことが出来ればいいわけです(網膜上に像を結ぶ、ということです)。

それをするためには、目のレンズから映像が入ってきた段階で、角度を変えればいいわけです。その角度の調整をコンタクトレンズによってする、というのが、遠視用コンタクトレンズの役割です。

スポンサーリンク


仕組みは、近視用のコンタクトレンズと何も変わりません。そのため、近視用コンタクトレンズに比べて眼精疲労が起こりやすいということもありません。

ただ、眼球に装着している以上、遠視用眼鏡と比べたら、眼球に酸素が行き渡らないため、多少眼精疲労が起こりやすくなります(これは遠視用だけではなく、近視用でも、度なしのおしゃれ用のコンタクトレンズでも、全てに言えることですが)。

遠視は、眼鏡かコンタクトによる矯正が必要


遠視は、近視以上に眼鏡やコンタクトレンズによる矯正が必要です。軽度の遠視であれば問題ありませんが、中程度の遠視からは、これらの矯正が必要です。近視と違い、近くのものが見えにくい遠視は、仕事や勉強の集中力を著しく下げてしまいます。

また、近視はただ「遠くが見えない」というだけですが、遠視は「近くも遠くも見えない」上に、「常に眼筋が緊張している」症状なので、眼精疲労や肩こりなども起こりやすくなります。そのため、何らかの矯正が必ず必要になるわけです。

遠視用コンタクトレンズも人気


女性は、遠視だろうと正視だろうとおしゃれに敏感なので、遠視用コンタクトレンズもしっかりと販売されています。色のバリエーションも普通のカラーコンタクトレンズと同等にあり、「デカ目」「潤い目」など、種類も豊富です。

さらにデザインや遠視の矯正内容にこだわる人であれば、普通のカラーコンタクトレンズ同様、オーダメイドのものを発注することも、ショップによっては可能です。このように、実用面でもおしゃれの面でも、遠視用コンタクトレンズは年々充実してきています。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加