遠視と弱視・内斜視の関係について

遠視が原因で弱視・内斜視になる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

遠視が原因で、弱視・内斜視になることがあります。両眼が遠視だった場合は弱視、片眼が遠視だった場合は内斜視になります。ただ、片眼が遠視だと必ず内斜視になる、ということではありません。

遠視が原因で内斜視になるとしたら、片眼だけ遠視だった場合、という意味です(つまり、両眼が遠視なら、弱視にはなっても内斜視になることは少ない、ということです)。

遠視が原因の弱視


これは遠視性弱視と呼ばれます。遠視で生まれてしまった子供は、常にぼんやりした映像しか、目から脳に入って来ません。そのため、脳が映像を処理する能力が発達しないのです。

遠視用メガネなどをかけて、脳にハッキリとした映像を届け、刺激を与えれば、脳は映像の処理を開始し、弱視を防げます。しかし、こうした発見や対応がなかった場合、その子供はそのまま弱視になってしまいます。

このように、両眼が遠視で起こる弱視を「屈折性弱視」と言います。これは両眼とも見えていない分、親や周囲が気づきやすいので、発見しやすい症状です。そして、治療も10歳までに行えれば、深刻な事態は防げると言われています。

スポンサーリンク


遠視が原因の内斜視


生まれつきの遠視が片眼だけだった場合、上と同じことがその片眼で起きます。つまり、片方の目とつながる脳の視覚野だけ、活動しなくなるわけです。実は、この方が両眼が遠視の状態より、早く症状が悪化します。

「片方だけ映像がぼやける」という状態だと、その片方を見えなくしてしまった方が、脳はものを見やすくなります。そのため、片眼だけ遠視だと、脳はすばやく、そちらからの映像を遮断してしまうのです。

これを「抑制」と言います。これによって起こる弱視を「不同視弱視」と言います。こうして片眼が弱視になり、使用不可になると、まっすぐ前を見る必要がなくなるので、眼球がぶらぶらと寄り目になることがあります。これが「内斜視」です。

不同視弱視と内斜視の違い


ただ、不同視弱視と内斜視は違います。不同視弱視になっても、見えなくなった片眼は基本的に、まっすぐ前を向いたままです。内斜視(寄り目)になるかどうかは、生まれつき決まっている部分が大きいので、遠視で弱視になったところで、そうなるとは限らないのです。

逆に、遠視でもなく弱視でもないのに、内斜視という人もいます。つまり、「しっかり見えているけど寄り目」ということです。このようなケースもあるので「不同視弱視=内斜視」というわけではないのです。

ただ、この両者はとてもよく似ているため、眼科でも誤診が起こります。そして、必ずしも同じ症状ではないにしても、不同視弱視(片眼の弱視)になれば、その使わなくなった眼が内斜視(寄り目)になる確率も、健常時よりは高くなるので、遠視は内斜視の原因にもなる、と言えます。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加