遠視用のメガネについて

遠視用のメガネはあるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

遠視用メガネはもちろんあります。ただ、かけたがる人は、近視用のメガネに比べると少なくなっています。理由は「目が大きく見えてしまう」ということです(仕組みは後述します)。

遠視用メガネをかけたくない人は、遠視用コンタクトレンズを着用する傾向があります。どちらを使うにしても、遠視は近視以上に、眼精疲労などの諸症状や、日常生活での不便をもたらすので、何らかの矯正が必要です。

遠視用メガネの仕組み


目のレンズから映像が入ってきた時、その光の矢印は屈折しますが、その「角度」を変えることによって、遠視も近視も矯正することが出来ます。遠視用メガネも、メガネの部分でその角度を調整することにより、遠視でも見えるようにするわけです。

遠視用メガネのレンズは「凸レンズ」です。これは虫眼鏡と同じレンズです。つまり、これをかけていると、目の部分だけが虫眼鏡で拡大したように大きく見えてしまいます。

そのため、近視用のメガネをかけている時と違い、遠視用メガネをかけていると、非常に不恰好に見えてしまいます(度が弱ければさほど影響はありませんが)。

スポンサーリンク


こうしたことを嫌い、遠視の方はメガネではなく、遠視用コンタクトレンズを利用することが多くなっています。コンタクトレンズはメガネに比べて、眼球への負担が大きくなるので、眼球の健康を考えるとあまりよくないのですが、遠視用メガネの見栄えの悪さを考えると、仕方のない部分もあります。

遠視用メガネの効能


遠視用メガネの効能は、「ものが見やすくなる」というのもありますが、特に乳児期・幼児期であれば「弱視になることを防ぐ」という、重要な役割をしています。どういうことかというと、乳児期や幼児期に重度の遠視だった場合、その子供の目の中には映像が入って来ないのです。

映像が入って来ないということは、脳が映像を処理する機会がないということです。そのため、脳で映像を処理する能力が発達せず、子供は弱視になってしまうのです。これを防ぐためには、目から映像が脳に届くようにする必要があります。

そのために、遠視用メガネがかけるということです。このように、遠視用メガネは、乳幼児期に限って言えば「弱視の予防」という効果も持っているわけです。

遠視用メガネの付け外し


遠視用だけでなく、近視用でも言われることですが「メガネの付け外しは、視力を悪化させる」という俗説があります。しかし、これは嘘です。

メガネを外した直後、新しい視界に適応するのに一瞬苦労するためそう思うのですが、実際には、目に対して「あらゆる状況に適応させる」ということで、むしろプラスなのです(と言うより、どの道生活していれば、ずっとかけっぱなしなどあり得ないのですが)。

なので、遠視用メガネを付け外ししても、その度に目に負担がかかるなどということはありません。なので、付け外しの度にプレッシャーを感じる必要はないので、安心して下さい。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加