遠視性乱視について

遠視性乱視とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

遠視性乱視とは、「遠視と乱視の両方がある状態」です。当然、片方だけの症状よりも見にくくなります。両方存在する理由は、それぞれ発生原因が違うからです。

遠視の発生原因は、主に「眼球の小ささ」にあります。一方、乱視の発生原因は、「レンズ(水晶体)の歪み」にあります。つまり、遠視性乱視とは「眼球が小さくて、表面のレンズも歪んでいる」という状態で、起こる症状です。

乱視の仕組みについて


遠視性乱視について説明するために、まず乱視の仕組みについて説明します。乱視は上に書いた通り「レンズの歪み」によって発生します。人間の目に入ってきた2本の光は、目のレンズで屈折し、その後眼球の中で像を結びます。

この時、レンズが正常な形をしていれば、2本の光線は左右対称な形で屈折し、交差します。これにより、人間はきれいな映像を見ることが出来ます。しかし、レンズが歪んでいれば、それぞれが違う角度で屈折してしまいます。そのため、交差して結ばれる像も、いびつな形になります。これが乱視です。

スポンサーリンク


乱視は誰でも持っている


実は、乱視は誰でも持っています。というのは、人間の体である以上、機械で作ったように綺麗な形のレンズなど、存在しないからです。誰のレンズもある程度は歪んでいます。なので、人間はほぼ全員が「ごく軽度の乱視」と言えます。

ただ、普通の人(正視)の場合は、歪みも小さいため、ほとんど気づかないような映像のブレしかありません。なので、乱視としては認識されないのです。

遠視の場合も、このような理屈から考えると、全員が「遠視性乱視」ということになるのですが、冒頭で説明をした通り遠視と乱視は発症原因が違うので、併発するケースは稀となっています。

遠視性乱視の矯正方法


一番メジャーな矯正方法は、眼鏡やコンタクトレンズによる矯正でしょう。乱視の原因である「レンズの歪み」は、それと逆の歪みをしたレンズを上から被せれば、お互いが打ち消し合って矯正されるわけです(「上から被せる」というのは、コンタクトでなくても、距離が離れている眼鏡でも構いません)。

遠視ももちろん、眼鏡やコンタクトレンズで「光の屈折角度」を調整することで矯正出来ます。なので、両方の要素を満たした形状の眼鏡、あるいはコンタクトレンズを装着すればいいわけです。

ただし、これは相当複雑な形状になるので、普通の眼鏡やコンタクトレンズよりも費用が高くなる可能性があります。そして、根本的な矯正方法としてはレーシックが挙げられます。

レーシックは角膜(目のレンズ部分)の形を修正する手術ですから、今までは眼鏡やコンタクトレンズによって作っていた「理想のかぶせレンズ」の形を、作ることが出来るのです。眼鏡などの対処療法ではなく、根本的に遠視性乱視を治療したい場合は、やはりレーシックがいいでしょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加