遠視と失明の関係について

遠視が原因で失明することもある?

このエントリーをはてなブックマークに追加

遠視が直接失明の原因になることはありません。しかし、遠視が原因で緑内障になり、それが原因で失明する、ということはあります。遠視は、眼球の中の「房水圧=眼圧」が上がりやすい症状です。

そして、眼圧は緑内障の原因の最たるものなのです。緑内障は失明の原因の第1位とされており、「目の成人病」とも言われます。このように、失明に一番近い眼病の一つに、かかりやすくなるのが遠視なのです。

遠視で緑内障になる原因


遠視の原因は「眼球が小さいこと」です(これは生まれつきです)。眼球の中には「房水」という水分が通っており、これが通るための管もあります。眼球が小さいということは、この管も細くなるということであり、それが原因で、この管が詰まりやすくなるのです。

管がつまると水圧が上がる=眼圧が上がり、これが原因で緑内障になる、という仕組みです。この管は「隅角」と言います。「隅角の閉塞で起こる緑内障」なので、遠視が原因で起こる緑内障は、「閉塞隅角緑内障」と呼ばれます。

スポンサーリンク


緑内障による失明の危険性


緑内障は早期発見すれば失明の危険はありません。しかし、発見が遅れれば失明の危険があります。徐々に視野が狭くなっていく病気ですが、この視野がそのままゼロになる、ということです。

日本人の中途失明(生まれつきでない失明)の原因の第1位となっており、大人になってから失明を恐れるのなら、緑内障を防ぐことが、特に重要なのです。緑内障は種類によって治療も変わってきます。閉塞隅角緑内障の治療は、レーザー手術によって行います。狭くなっている隅角(房水の通り道)の詰まりを改善することで、治療するわけです。

遠視治療による早期発見


緑内障の治療でも、当然早期発見が重要になりますが、こうした眼病を早期に発見するには「何も異常のない状態」を作っておく必要があります。何も異常がない状態であれば、小さな異常にも気づきやすいからです。

そのためにも、遠視は早めにレーシックで完治させておくことをオススメします。そうでなければ、緑内障によって視野が狭まったことも「遠視が悪化したみたいだ」としか考えられないからです。

遠視性弱視が原因の失明


これは稀なケースですが、遠視性弱視(遠視が原因で起こる弱視)がさらに悪化し、失明に至るということもあります。遠視性弱視は、乳幼児期に遠視が原因で目から映像が入らず、脳が映像を処理する力が育たない、ということが原因で起こります。

これがあまりにも重度で、発見も遅れた場合、生まれてから成長する間ずっと「脳がものを見たことがない状態」になってしまい、稀なケースとは言え、最悪失明につながる危険性もあります。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加