遠視の治療方法について

遠視の治療方法とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

遠視の治療方法は、レーシック手術以外にありません。遠視用メガネやコンタクトレンズを使用するのは、遠視の進行を食い止める「間接的な治療」であり、根本的な治療にはなりません。サプリメントの摂取や視力回復トレーニングなども同じです。

レーシック手術というと、近視の治療というイメージがあるかも知れません。しかし、遠視でも同じように手術が可能です。近視も遠視も屈折異常が原因で起こるため、レーザーで屈折率を調整することで視力の回復を図るレーシック手術で、治療ができるのです。

遠視の治療方法 〜レーシック手術〜


遠視も近視も、「眼から入ってきた光の角度の調整」をすることで、治すことが出来ます。この調整を普段しているのがメガネやコンタクトレンズですが、これらが無くても調整できるように、眼の表面の角膜を補正するのが、レーシックなのです(ただし、レーシック手術が受けれるのは18歳〜になります)。

専門的に言うと、近視も遠視も眼の「屈折異常」が原因で起きる症状なのですが、それを改善する手術であるため、どちらにも応用が効く、ということです。

スポンサーリンク


遠視の治療方法 〜間接療法〜


遠視の間接的な治療方法は沢山あります(完治するわけではないので「治療」と言えるのかはわかりませんが)。遠視用メガネ・コンタクトレンズを装着すること、サプリメントを摂取すること、視力回復のトレーニングをすることなど、すべて間接療法と言えます。

これらは、遠視の進行を食い止めたり、眼精疲労を軽減したりする効果は持っています。ただ、遠視を完治させることは出来ません。完治を望むのであれば、現段階では、レーシック以外の方法はないと言っていいでしょう。

遠視性弱視の治療


ただ、例外としてレーシック以外の治療のみが有効なケースがあります。それが「遠視性弱視の治療」です。それも、「不同視弱視」という片眼だけの遠視性弱視の治療です。この治療は3歳までに行う必要があります。

レーシック手術は現状18歳からしか受けることが出来ないため、この弱視の治療では出来ません。この弱視の治療は「遮閉法」というトレーニングで行います。これは「遠視でない方の目(見えている眼)を隠す」というトレーニングです。

これによって、遠視で見えにくい方の眼から、強引に映像を脳内に送ります。こうすると、日頃遠視で映像が届きにくく、刺激が与えられなかったこの片眼側の脳が活性化し、片眼の弱視になるのを防げる、というわけです。

ただし、これも厳密に言うと「遠視の治療」というよりは「(遠視が原因の)弱視の治療」なので、正確な分類をするなら、遠視の治療とは言えないのかも知れません。

いずれにせよ遠視を完治させようと思ったら、唯一の手段はレーシック手術である、ということです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加