進行した遠視の回復について

進行した遠視は回復するのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

進行した遠視でも回復します。回復にはレーシック手術を受ける必要があります(ただし、レーシックを受けられるのは18歳〜になります)。他の方法では微妙な回復はしても、完全回復はあり得ません。遠視の原因は簡単に言うと「眼球が小さい」ことです。

眼球の大きさは、変えることが出来ません。なので「その大きさでもいいように」眼のレンズから映像が入ってくる「角度」を調整します。この角度調整をしているのが、遠視用メガネ・コンタクトレンズです。

しかし、この調整は「眼のレンズ(角膜)」の形を変えることで、裸眼でも出来るようになるのです。その「角膜の調整」をするのがレーシック手術です。

遠視の原因は遺伝である


遠視の原因は、基本的に遺伝・体質であると言われます。ほとんどの遠視は「眼球の小ささによる屈折異常)」が原因で起きていますが、眼球の大きさに、育った環境などはほとんど影響しないからです。

スポンサーリンク


遺伝が原因で起きる症状である以上、視力回復トレーニングなどで遠視が治ることはあり得ません。ほんの少し回復する、ということはあるでしょうが、根本的な治療にはなりません。根本的に遠視を治したいのであれば、レーシック手術を受けるのが唯一の手段です。

レーシック手術は近視にも遠視にも応用できる


レーシックは近視用の手術である、と思っている人が多いようですが、レーシック手術は近視にも遠視にも応用できる手術です。どちらの場合も、まったく同じ原理で治療するので、遠視でも近視でも関係なく矯正ができるのです。

「同じ原理」というのは「角膜(目のレンズ)の調整」です。近視は「眼球が大きい」ことが原因です。遠視は「眼球が小さい」ことが原因です(大雑把に言うと)。どちらの場合も、大きな眼球、小さな眼球でも見えるように「眼球への映像の入り方」を調整すればいいわけです。

具体的には、「目のレンズで光が屈折する角度」を調整するわけです。この調整をするために、目のレンズ(角膜)の形をレーザーで整えるのが、レーシック手術です。なので、近視の治療でも遠視の治療でも、まったく同じことをするのです。なので「どちら用」というのは最初からないんですね。

幼児期の遠視の進行を止めるための、視力回復トレーニング


視力回復トレーニングでは遠視は治らないと書きましたが、幼児期に遠視が悪化しないようにトレーニングをすることは有効であり、必要です。幼児期に強度の遠視になった場合、このトレーニングをしなければ、弱視になってしまう危険があるからです。

特に「片眼だけが遠視」という場合は、「遮閉法」という「見える方の眼だけを隠す」というトレーニングをすることが多いです。こうした幼児期のトレーニングは必要ですが、大人になった後、遠視を完治させるにはレーシック手術以外にはありません。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加