遠視に効くサプリについて

遠視にはサプリメントも効果的!おすすめはコレ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

遠視の症状の改善には、サプリメントも効果的です。遠視の進行を食い止めたり、症状を和らげたり、遠視による眼精疲労を軽減したりする効果が期待できます(ただ、遠視を完治させることは不可能なので、そこは注意していただけたらと思います)。

遠視の進行を食い止めたり、症状を和らげるのに効果的な栄養素はたくありますが、代表的なのは、アントシアニン、ルテイン、アスタキサンチンなどが挙げられます。遠視にも効くサプリには、これらの栄養素が含まれています。

尚、遠視に効くサプリメントは各社から多数販売されていますが、イチオシはアサイベリープラチナアイです。

遠視に効くと言われている栄養素


アントシアニン

ブルーベリーに多く含まれていることでも有名な成分です。アントシアニンはロドプシンという物質の生成(再合成)を助けます。ロドプシンは眼球の中で「電気信号を送る役割」を果たしています。

外から入ってきた光が、このロドプシンに当たった時に、「映像が来たよ」という電気信号を発生させ、自らは消滅します。そして、一時的にビタミンAに姿を変え、時間が経つとまたロドプシンに戻ります。

この過程を「再合成」と言いますが、それを助けるのがアントシアニンなのです。なので、アントシアニンのサプリメントを摂取していると、ロドプシンが早く復活するため、眼が疲れにくくなり、遠視であっても物が見やすくなります。

ルテイン

ルテインは、「眼を紫外線から守る役割」を果たします。紫外線に限らず、眼にとって有害であると言われている「青色光」全般から眼を守ります。青色光というのは、パソコン、蛍光灯の光なども含みます。

こうした青色光は眼を「酸化」させますが、酸化は遠視も進行させます(遠視に限らず、人体の全ての部分にとって、酸化は大敵です)。青色光によるダメージを防ぎ、眼球が酸化するのを防ぐことで、遠視の進行も遅らせる効果を持っているわけです。

DHA

DHAは脳を健康にしてくれる栄養素(記憶力の向上や認知症の予防効果がある)として知られていますが、実は眼精疲労の症状を軽減する効果もあります。その理由は、眼球内の網膜を構成している成分のほとんどはDHAだからです。

DHAを十分に摂取すると網膜が柔軟になり、遠視の方でも目が疲れにくくなります。頭も良くなるので、特に遠視のお子さんには試して欲しい栄養素の一つです。詳しくは、DHAまるわかりを参照下さい。

コラーゲン

眼球の中でコラーゲンを多く含むのは、角膜と水晶体です。水晶体はいわゆる「レンズ」で、角膜はその表面です。つまり、コラーゲンのサプリメントを摂取すると、レンズが活性化します。レンズが活性化すると弾力が付きます。弾力がつくと、自由に形を変えやすくなります。

つまり、レンズの形を変えることで、入ってきた光線の角度を変え、遠視であってもものを見やすくする、ということが出来るのです(こうした角度の調整を普段しているのが、遠視用メガネとコンタクトレンズです)。このように、コラーゲンも割と直接的に、遠視の症状の改善に貢献する成分であると言えます。

眼精疲労と眼球の老化防止


まとめると、サプリメントによって遠視の症状を改善する方法は、「眼精疲労の軽減」と「眼球の老化防止」に意味がある、ということです。同じレベルの遠視であっても、眼精疲労がなければより見やすくなりますし、老化すれば遠視でも正視でも見にくくなるものが、老化を防止すれば見にくくならない、ということです。これらのことをよく理解した上で、遠視対策としてサプリメントを利用するようにしましょう。

繰り返しになりますが、遠視対策にサプリメントを採り入れるなら、アサイベリープラチナアイがおすすめです。

このエントリーをはてなブックマークに追加