遠視性弱視について

遠視性弱視とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

遠視性弱視とは「遠視が原因で起こる弱視」です。生まれつき強度の遠視を持っていた場合にそれが原因で弱視になります。遠視性弱視には2種類あります。「屈折性弱視」と「不同視弱視」です。

「屈折性弱視=両眼が遠視」、「不同視弱視=片眼が遠視」という原因によって起こります。原因だけでなく、弱視になる目も、屈折性弱視=両眼、不同視弱視=片眼となっています。

遠視性弱視の仕組み


赤ん坊の頃、強度の遠視の場合、世界の全てがぼやけて見えます。つまり「目から映像が入って来ない」状態です。そうすると、脳の中の映像を処理する部分が、仕事をすることが出来ません。そのため、脳の中の映像を処理する部分(視覚野)の発達が止まってしまうわけです。

脳が最も成長する乳児期、幼児期にこのような状態になってしまうと、その後大人になっても、脳がものを見る機能が発達しないので、その人はずっと弱視になってしまう、ということです。これが遠視性弱視の基本的な仕組みです。

スポンサーリンク


屈折性弱視とは?


屈折性弱視は「両目の遠視」が原因で起こります。そのため、弱視になった後も、両眼とも弱視になります。こう書くとこちらの方がひどいようですが、実は不同視弱視よりもましな症状です。というのは、発見がしやすいからです。

両眼とも見えないということは、赤ん坊は早くから普通の子供と行動が違ってくるということです。そのため、親や周囲も、「目が見えていない」ということに気づきやすくなります。

早期に気づくことが多いので、治療も不同視弱視よりもスムーズに行くことが多いのです。この弱視は、10歳までに発見できれば、治療可能と言われています。

不同視弱視とは?


不同視弱視は「片眼の遠視」が原因です。弱視になった後も、片眼だけが弱視になります。このケースだと、乳児期&幼児期に、子供の脳は、見にくい方の片眼からの映像を「シャットダウン」してしまいます。

ぼやけた映像なら、入ってこない方が見やすいからです。そのため、片眼だけ脳で映像を受け取る機能が衰える、つまり弱視になってしまいます。しかし、もう片方は見えているため、日常生活は問題なく送ることが出来ます。

これにより、両眼に問題が起きる屈折性弱視に比べて、発見がしにくくなっています。片方が見えている分、生存活動に問題がないため、屈折性弱視よりも早めに、脳がこの状態に適応してしまいます。

そのため、屈折性よりも早めの3歳までに発見することが必要と言われています。(発見しにくい症状なのに、より早く発見しないといけないというのが、この弱視の複雑な部分です)

遠視性弱視の矯正方法


どちらも遠視用眼鏡を使います。「映像を脳に届ける」ことで、脳が動き出すからです。不同視弱視の方だけ、「遮閉法」というトレーニングを併用します。これは「見えている方の目を隠す」というものです。

これにより、遠視の方の片眼に無理やり見させ、そちらの脳に映像を届けることで、そちらの脳の見る機能を活発にする、という方法です。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加